Sony VAIO Pシリーズ(第2世代)レビュー

Sony VAIO Pシリーズ(第2世代)レビュー

画像1/10

ソニーVAIOPシリーズメイン画像

Sony VAIOPシリーズフロント
PCProの隣にあるSonyVAIOPシリーズ
Sony VAIOPシリーズバッテリー
ソニーVAIOPシリーズトリム
Sony VAIOPシリーズキーボード
Sony VAIOPシリーズのデザイン
Sony VAIOPシリーズトラックパッド
Sony VAIOPシリーズコネクタ
Sony VAIOPシリーズジャケットポケット
レビュー時の価格£799

最初のSonyPシリーズのレビューでは、肯定的な発言を見つけるのは困難でした。ソニーは、ラップトップをキーボードのサイズに縮小して過度の犠牲を強いるという探求で、小型化のアイデアをやりすぎたようでした。奇妙なことに、会社は私たちを無視しているようです。代わりに、Pシリーズにはさらにいくつかの調整が必要であり、勝者が手元にあると判断しました。

Pシリーズが明らかに

ティム・ダントンがソニーが新しいVAIOPシリーズをデザインした方法と理由を説明します

確かに、変更を呼び出すことを恐れていません。最もすぐに明らかなのはそのスタイリングです。落ち着きのあるプロフェッショナルではなくなった新しいVAIOPシリーズは、「私を見てください」と叫びます。その3つの最もカラフルな化身で:鮮やかな緑、ピンク、オレンジ。あなたがもう少し自尊心を持っているなら、白と黒のバージョンも提供されています。

ソニーは勇敢にレビューのためにオレンジバージョンを送ってくれました、そしてそれが混合反応を受けたと言うことは嘘をつくことでしょう。 Pシリーズの方向に侮辱されていない人を見つけるのに苦労しました。コメントのほとんどは印刷できないので、オレンジを選択すると、人々はあなたの手にあるものに気付くとだけ言っておきましょう。

どちらの色を選んでも、評価できる素敵なデザインのタッチがいくつかあります。ほとんどのメーカーは、周囲の明るい色に関係なく、わかりにくいグレーまたは黒のキーボードを使用していますが、ソニーはキーの色をケーシングの色と一致させており、デザインのインパクトを確実に高めています。また、Pシリーズを閉じたときにシャーシの側面の周りでトリムが湾曲する方法も気に入っています。

Sony VAIOPシリーズキーボード

画面の両側に、より微妙な変化が見られます。ソニーのデザイナーは、人々がドキュメントやWebサイトを表示するために、Pシリーズをよく使用し、画面の端に親指を置いてラップトップを保持することに気づきました。ナビゲーションを簡単にするために、画面の右側に小さなタッチパッド(16mm x 16mm)を追加し、左側に左クリックボタンと右クリックボタンを配置しました。

それは奇妙な考えであり、机に座っているときは無意味に思えます。画面の片側から反対側にカーソルを移動するには、3回のスワイプが必要で、すぐにイライラします。ただし、Pシリーズを使用しているときは機能します。特に、内蔵のGPSを使用していて、ソニーの位置検索ソフトウェア(Googleマップを搭載)を使用して通りをナビゲートしようとしている場合はそうです。とはいえ、GPSラジオが修正されるのを待つ間、辛抱強く待つ必要があります。ノートパソコンを開いたまま通りを歩くのは、スマートフォンよりもはるかに目立たないことです。

ソニーにはデジタルコンパスも含まれているので、地図を見ているときは常にどちらの方向を向いているかを知っておく必要がありますが、さらに興味深いのは加速度計です。これにより、Pシリーズを垂直位置に置くと縦向きモードになります。これは、幅が限られているWeb記事を読んでいる場合に便利です。ソニーはまた、この方法で本やデジタル雑誌を読むことができると考えているようですが、タッチスクリーンがなく、幅が768ピクセルしかないため、楽しい体験ではありません。

使いやすさ

画面自体にも複雑な気持ちがあります。最初のPシリーズと同様に、1,600 x 768ピクセルを8インチの対角線に圧縮すると、システムテキストが小さく見えますが、わずかにまだらになっている表示には役立ちません。たとえば、Word文書はぼやけて見えます。ただし、大きな助けの1つは、マウスボタンの右側にある新しい[解像度の変更]ボタンです。これを押すと、1秒以内に解像度が1,280 x600に切り替わります。

保証

保証 1年間基地に戻る

物理的仕様

寸法 245 x 120 x 19.8mm(WDH)
重さ 624g
走行重量 836g

プロセッサとメモリ

プロセッサー Intel Atom Z540
RAM容量 2.00GB
メモリタイプ DDR2
SODIMMソケットは無料 0
SODIMMソケットの合計 1

画面とビデオ

画面サイズ 8.0インチ
水平解像度画面 1,600
垂直解像度画面 768
解像度 1600 x 768
グラフィックチップセット Intel GMA 500
VGA(D-SUB)出力 0
HDMI出力 0
Sビデオ出力 0
DVI-I出力 0
DVI-D出力 0
DisplayPort出力 0

ドライブ

容量 64GB
ハードディスクの使用可能容量 53GB
主軸速度 該当なし
内部ディスクインターフェース パラレルATA
ハードディスク SanDisk pSSD-P2
光ディスク技術 なし
光学式ドライブ 該当なし
バッテリー容量 2,500mAh
交換用バッテリー価格(付加価値税込み) £0

ネットワーキング

有線アダプターの速度 1,000メガビット/秒
802.11aサポート 番号
802.11bのサポート はい
802.11gサポート はい
802.11draft-nサポート はい
統合された3Gアダプター はい
Bluetoothのサポート はい

その他の機能

ワイヤレスハードウェアのオン/オフスイッチ はい
ワイヤレスキーコンビネーションスイッチ 番号
モデム 番号
ExpressCard34スロット 0
ExpressCard54スロット 0
PCカードスロット 0
USBポート(ダウンストリーム) 2
FireWireポート 0
PS / 2マウスポート 番号
9ピンシリアルポート 0
パラレルポート 0
光S / PDIFオーディオ出力ポート 0
電気S / PDIFオーディオポート 0
3.5mmオーディオジャック 1
SDカードリーダー はい
メモリースティックリーダー はい
MMC(マルチメディアカード)リーダー はい
スマートメディアリーダー 番号
コンパクトフラッシュリーダー 番号
xDカードリーダー 番号
ポインティングデバイスの種類 トラックポイント
オーディオチップセット RealtekHDオーディオ
スピーカーの位置 キーボードの上
ハードウェアのボリュームコントロール? 番号
内蔵マイク? はい
統合されたウェブカメラ? はい
カメラのメガピクセル評価 0.3mp
TPM 番号
指紋リーダー 番号
スマートカードリーダー 番号
キャリーケース 番号

バッテリーと性能のテスト

バッテリー寿命、軽い使用 5時間17分
バッテリー寿命、頻繁な使用 2時間41分
全体的なアプリケーションベンチマークスコア 0.31
Officeアプリケーションのベンチマークスコア 0.31
2Dグラフィックアプリケーションのベンチマークスコア 0.33
エンコーディングアプリケーションのベンチマークスコア 0.31
マルチタスクアプリケーションのベンチマークスコア 0.28
3Dパフォーマンス(クライシス)低設定 該当なし
3Dパフォーマンス設定 該当なし

オペレーティングシステムとソフトウェア

オペレーティング・システム Windows 7 Home Premium32ビット
OSファミリー Windows 7
回復方法 リカバリパーティション
提供されるソフトウェア Microsoft Office Starter 2010

最近の投稿